情報社会との隔離の時間を持とうと。

この頃どうもしっくりこない日々を送っている。すべてがネット時間というわけではないが、それでもパソコンに向かっているとムダに要らぬ情報に浸ってしまうことはあると思う。なので、そんな時間を削っていく努力をしたい。

そうでなくても日々私たちの生活を取り巻く環境自体、情報、情報、情報と、よくも悪くもあらゆる情報の洪水にあふれまくっている。そんな情報の嵐に翻弄されたくはない。いつでもどこでも情報に触れていないと生きていかれないわけでもあるまいし、まずはこの頃の生活を見つめ直して、「今、本当にその情報に触れている必要がまずあるのか?」「果たしてそれは、今、私が私としてしようとしてること、やりたいことを犠牲にしたり大事な時間を使ってまで触れる価値のあるものなのか?」そう自分に問いかけることから始めたい。

そしてさらには、「じゃあ、それをしないことによって受けられる恩恵はどんなものがあるでしょうか?夫との時間も増えるし、家事をやる時間も生み出せるよね?それからいつもしたいと思っていながらなかなか着手できない、趣味関係のことも進められるメリットが見えてくるね。それでもまだ、ムダな情報とそれに縛られてばかりいる時間の奴隷になっていたいのかな?自分でコントロールするのと、自分が不自由に支配され続けるのと、どっちが気分がよくて有意義な人生か、もう分かりきっているよね?」と、情報シャットアウトによって初めて生まれる善益の方にも思いを馳せ、可能性を膨らませていきたい。

この頃はいろいろな諸問題解決を図ろうとするあまり、少し、要らぬ情報に触れすぎてしまったことでかえって自分に必要なメッセージを聞き逃していたことを反省する。有益な問題を探り、解決の指標にしたり参考にすること自体はいいかもしれないが、悩みの大半は極めて個人的な問題なので、ある意味どんなにネット検索で叩き出したところで、しっくりする答えなんか出てきやしないのが自然だということには、もう気づいている。

せっかく大事な気づきを得ているのだ。少し、要らない情報についてはシャットアウトする習慣をつけていきたい。