まだ、この様な人が存在をしている人がいるとは

戦時中に満州に渡って戦後に生き別れた中国残留孤児がいたと言うがこれがわかってから肉親との再会が出来たと言う。

しかし、年が進むにつれて再会が出来ないまま亡くなった人もいる事もあった事で終了した。

所がある番組で日本人の孤児のがまだいる事で調査に踏み切った事で中国でもまだいると言う事がわかった。

これでもまだいると言う事になるとどう生き伸びたのかわからない所もあると言う事になる。

今回の事は正直まだこのような人がいると言う事で肉親との再会が絶たれたかも知れないと言う。

でも、戦争に巻き込まれた人なのでわかっていたと言うがこの様な事はなぜなのかわからない所もある。

調査が終わっても未確認の孤児もいる事でこうした人はなぜ名乗らなかったのか不思議でたまらないと言う事になる。

この様な人がいる事でもう少し調べても良かったと思われている。

戦争が終わってもこの様な人がいるとはもっと知るべきだと思っているのです。